PC

Eメールのアプローチ

送信メールの管理会社

 お店の宣伝や新しく加わったサービスの紹介がメールには記載されています。大切な内容ならちゃんと読みますがほとんどが斜め読みされていることと思います。  しかし、会社側からしては、きちんと考えてメールの作成をしていると感じるので可能な範囲で私は読んでいます。メール配信の中にはお得なものもありますね、クリックでポイントがもらえるもの、山分けなどのお知らせ、数時間限定などなどよく目にするメールだけでもこれだけ種類があります。  企業側が確実にお客さんにメールを届けるためには、メール配信サービスを利用しているケースもあります。メールを預かって送信する配達人のような関係の会社もあれば、メールマガジンの作成や送信までを扱う会社までありました。

メール配信サービスの金額や機能

 お客さんの立場ではほとんど意識しないメール配信サービスですが、企業側では大量のメールアドレスに対してメールを送るため「お客さんに確実にメールを届ける」ためにメール配信サービスを利用することがあります。  その背景にはメールを送ってもプロバイダの規制や、迷惑メールリストの巻き添えなどによりせっかくのメールがブロックされてしまう可能性や、サーバーの肥大化によって企業側だけではうまく送れない事があります。  独自の送信専用サーバーがあり1時間に100万通、と記載する会社もあります。企業側ではメール配信にも力を入れているのがわかります。ちなみにこういったサービスの金額は送るメールアドレスの量などの算出で決められています。企業からお客さんへの大切なお知らせは、このようなサービスによって繋がっています。