PC

最近の傾向を知る

化粧品を利用する人にとっては、輸入化粧品を購入して使用する場合もあります。一方で、化粧品などを輸入して販売する側にとっては、様々な検査等を受ける事で販売に至る事ができます。化粧品を輸入して販売する以前の手続きについては、非常に複雑ですので、化粧品輸入代行サービスを利用する販売業者も多く見られます。 化粧品輸入代行サービスなどを利用した場合の価格の傾向については、やはり商品により、あるいは代行業者によりかなり違いがあります。まず料金設定にも大きな違いがあり、基本料金を設定した上で、1品目毎に、あるいは1成分毎に検査するなど、各社において各段階での詳細な規定があります。大体の基本代行料金として10万円位を一式にしている場合などもある様ですが、取扱い量や検査における追加料金などが随時発生する可能性が高くあります。

化粧品輸入代行に関する変遷としては、化粧品に関わらず、輸入品が日本に入り始めた事が関係しています。日本では大きな戦争を経験し、戦後70年を向かえましたが、戦争をきっかけに、輸入品も多く扱われる様になった経緯があります。その中で、化粧品の場合には、直接人の肌に塗るなどを行うものである事から、薬事法などを鑑みる事で、大きく国が制御しながら海外の化粧品なども輸入される様になっていきました。 海外から化粧品を輸入し、販売するためには、販売までに成分検査、通関業務、申請作業等、その他様々な工程を踏む必要があります。各工程における薬事法であったり、関税率であったりが、それぞれに時代と共に変化していく度に、それに基づくやり方で輸入、販売をする様になった背景があります。現在では、この様な複雑な工程を、化粧品輸入代行サービスなどの形で、専門業者に作業を委託するメーカーなども多く見られる様になっています。